白髪染めをおしゃれに染めたいね

白髪染めとお洒落染めの違い

白髪染め 毛染めと言えば、お洒落染めを使ってきましたが、ある時から白髪が生え始めて目立ってしまったので白髪染めに変えています。変え時は白髪の量によって決まると思います。


正直にいいますと、普通のカラーでは白髪はほとんど染まらないように出来ているからです。白い毛は少し茶色になる程度で逆に光って目立ってしまいます。


ただし、少ない場合ですと、白髪染めよりは良いですから、その見極めは美容室に行ったら相談してみるのがいいですね。親切な美容師さんなら、詳しく教えてくれますよ。私はいろんな美容室に行くのが好きなので一つに決めてないのですが行くたびに髪の質問をします。


応えもさまざまだったりしすが、親切丁寧に、詳しく説明してくれる人がいるとその人を指名したくなるし信用度も高くなるので、良い美容師さんを選ぶきっかけにもなります。


カットの腕もそうですが、ヘアの腕も必要になってきます。ただし、指名をしてもカットはベテランさんでもカラーはまだ見習いの人がする事が多いです。でもカラーテストがあるようなので、それに見合ったレベルではある
ようなので、少しは安心出来ますね。


白髪染めの話になりますが、お洒落染めと違う点はといいますし、白にちゃんと色がつくという点。成分的に何が違うのかは詳しい事は分からないのですが、そう発色するように出来てるのだそうです。


初めは抵抗があるかも知れませんが、白髪が気になるようでしたら、ぜひぜひ挑戦してみてください。目立たなくなると気持も軽くなって嬉しいものです。気持ちが嬉なると表情まで変わってきて若返る気がします。

安心安全白髪染め

最近の商品には必ずといっていいほど『安全』というキーワードが含まれてますね。食品はもとより、ヘアケア商品にもその傾向が強いようです。その中でも必要迫られて使う事の多い、白髪染め。

 

 

数年前までは、使用前にパッチテスト等でアレルギー反応を確認するように注意書きがありましたが、最近では100%天然成分等を謳っていて、購入者へ安心感を与えるものも多いようです。

 

 

パッチテストの注意書きは製品的に記載をしないといけないようですが、その中でもヘナと呼ばれる植物由来の、天然の染料を使った白髪染めに関しては、敏感肌やアレルギーを多く持つ方でも、安心して白髪染め出来るという事で、ドラッグストアの白髪染めコーナーのほとんどに、このヘナを使った白髪染めの商品を陳列されている事を多く見かけます。

 

 

白髪染めに関しては、よく染まる事や髪に優しいというのも大切ですが、何より安心して安全に白髪染め出来る事が白髪を減らしてくれる良い原因になってくれるとはうれしいですね。

 

無添加の白髪染めとして、おすすめのが次の商品です。

 

 

  1. サスティ 利尻ヘアカラートリートメント
  2. レフィーネ 白髪染め
  3. ピュアハーバルヘアカラー100